病院ホームページ制作

メニュー

入院と外来患者を獲得するホームページ

背景

地域包括ケアシステムの移行が加速される中で、病院経営では病床稼働率向上や外来患者の獲得が経営上の課題です。
特に都市部では、各医療機関の病床再編や医療サービスの充実に伴って患者が入手する医療機関情報は玉石混交ですがインターネットや印刷物であふれています。

患者または住民にとって情報収集において中核的なホームページ(ウェブサイト)は、早い速度で技術的に進化をしております。受療行動(患者体験)はスマートフォンの普及と相まって新しいウェブ技術やデザイン同様に患者獲得の成否に影響を与えています。どのようなホームページが入院患者や外来患者獲得に良いのでしょうか。

ほとんどのホームページはきれいなデザインで自院の特長を発信する傾向がありますが、圧倒的な医療情報やその他の情報に埋もれてしまっています。加えてインターネット技術の進化や、スマートフォンの普及により患者・住民は関心のある情報を求めて日々オンラインにアクセスしています。病院経営の基盤を強化するためには患者に見て、選んでもらえるホームページが必要です。

課題

ホームページを周辺の医療機関同様に同じ説明できれいにまとめているだけでは、患者に届かない、または「繋がる事」は出来ません。

なぜなら近年は医療機関のホームページはとても良くできているので、その中で差別化していく事が困難になっています。さらに患者・住民はホームページからその内容以上のものを感じたり、クチコミ情報などを収集しています。

また宣伝で認知度は向上するかもしれませんが、受療行動に結びつけるにはホームページを強化することが必要です。患者は実績や口コミなど多くの情報を収集していますので、きちんとした情報発信が必要になります。参考:医療広告ガイドライン(厚生労働省)

対応の一歩は医療提供体制を充実させると同時にホームページ等の課題を把握し、自院に合った広報・PR・コミュニケーション戦略と運営をすることです。こうした課題をまとめると下記のようになります。

  1. デジタル認知度向上とグーグル検索技術(SEOとメディア連携)
  2. 受療行動につなげる記事の作成
  3. 認知度向上と受療行動に結びつける導線構築による患者獲得
  4. 急性期、回復期リハビリテーション、地域包括ケア病棟など地域連携のためのコンテンツ制作
  5. 関心ある患者を受療行動に誘導およびマーケティングの自動化
  6. 患者の関心事に対応したコンテンツ制作
  7. 看護師・医師採用のためのデザインおよびコンテンツ制作
  8. 新医療広告ガイドラインや個人情報保護のためのセキュリティー対策
  9. スマートフォンユーザー向けのデザインとページ高速表示速度
  10. 高齢者や視覚障害者が使い易いスマートフォンのデザイン
  11. アクセス解析や患者の行動心理を分析する職員育成

ご提案

患者獲得には医療提供体制の整備がされている前提で、どのような病棟編成、医療サービスを提供し、理念に従ってどのようにあるべきかなど、患者が医療機関を選択するときの行動心理および経済行動(またはペイシェント・ジャーニー)を把握して、ホームページを構築することをお奨めします。患者は多数のサイトの情報を参考にしており、特長などを把握しながら第3者の口コミなどを参考にする傾向があります。そのためには情報の発信をしながら、患者の要望を調査していく必要があります。

弊社は「つながるための病院ホームページ」で地域の患者・住民の認知を獲得して、受療行動に結びつけることを目指しております。
患者獲得の課題解決のための最新マーケティングをベースにホームページの見直しには次のご提案致します。
特定機能病院や急性期病院向けに メイヨークリニック(米国)のような強力なマーケティングとウェブサイト制作・運用プログラム
300床以下の医療機関向けに患者とのつながりを強化するホームページ制作と運用プログラム

お問合せ

ホームページに関するお問合せは℡0120-450-143またはメールでお問合せ下さい。

資料請求

「病院のイメージを決める25ポイント」
ご希望の方は「病院のイメージを決める25ポイント」と記入してご請求下さい。

参考

病院広報全般についてはこちらをご参照下さい。
病院の広報室