病院・クリニック用ホームページ制作

新着情報

病院広報のためのソーシャル・メディア速攻スタートアップ

ソーシャル・メディアと病院広報

ソーシャルメディア x ホームページ で病院広報を加速します。

近年SNSと言われるソーシャル・メディア(Facebook, Twitter, Youtube ) やスマートフォンの普及(約50% IDC Japan調べ) に伴って、コミュニケーション(広報・PR)方法や情報量が格段に変化(進化)しています。

その結果、患者さんは、いつでも多くの情報を集めることが可能になり、医療機関(または治療法)情報だけでなく、人々の評価(いわゆるクチコミ)を参考にすることが日常的に行われています。(クチコミはエビデンスもなく、参考にすること自体、課題はありますが、そのような流れがあります)

弊社では、約1年近くにわたって数件の医療機関で、ソーシャル・メディアの導入と運用管理をしてまいりました。その結果、運用効果は極めて高く、想定したようなネガティブな反応はありませんでした。ソーシャル・メディアはどのような医療機関にも有効な広報PR、コミュニケーションの方法と考えております。特に患者さんとの「認知度」や「つながり」を拡大、強化することは既存のホームページ以上に、重要なツールになります。

ソーシャル・メディアそのものは無料で利用でき、強力な広報ツールですが、患者さんの意見なども表示されることもありますので、運用には一定の経験とノウハウが必要です。これらの反応は通常のホームページよりも早く、強く出ます。

ノウハウを短期間に習得し、安全に運用するためにご担当者の育成や、関係職員、経営者の理解に多くの時間がかかります。準備だけで時間が過ぎて行ってしまいます。

まずはソーシャル・メディアの効果を体験しながら、少ないリスクで運用をスタートすることをお勧めします。それによって自院のノウハウを構築していきます。よくあることですが、それぞれのソーシャル・メディアを利用することが目標ではありません、課題や目標がないままスタートすることは、あとで行き詰ったり、効果が無いなどの評価になることがあります。

ソーシャル・メディアを医療機関が利用するには、集患以外に下記のケースが最適です。

  • かかりつけ医として患者とのコミュニケーション支援
  • 看護師・医師募集
  • 患者教育 ・新しい医療技術の告知
  • 職員とのコミュニケーション改善

さらに上記を達成するためのソーシャル・メディアの戦略的フレームワークは下記の通りです。

  1. 目標・課題の明確化・ストラテジー
  2. 必要なアウトカム ・ツール(メディア等)の選択
  3. 効果測定と改善
  4. 実施計画作成

なお、ソーシャル・メディアは患者さんに宣伝のように、一方的に受診してもらうようにする広告ツールではありません。ソーシャル・メディアは、よりよく貴院を知ってもらうツールで、従来のホームページやメディアと組み合わせることによって、集患・増患が強化されます。

Solutions 課題解決
  • 知名度向上
  • 集患・増患
  • 看護師・医師採用
  • 地域医療連携
  • 患者満足度向上
  • 院内コミュニケーション改善
  • 広報プロセス検証
  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メタ情報

  • RSS